Top >  投資信託ガイド 投資信託とは

投資信託ガイド 投資信託とは

投資信託とはどういうものでしょうか。運用・販売はどこで誰が行っているのでしょうか。投資信託ではどんな収益が得られるのでしょうか?株式や債券への直接投資や預貯金との違いは?などを解説します。

投資信託ガイド 投資信託とは一覧

投資信託ガイド

投資信託 とは

投資信託は投資家に代わって投資信託委託会社のファンドマネジャーという投資のプロが運用を行います。資金運用を専門に行う運用会社が、投資家から集めた資金を一つのファンドにまとめて、国内外の株式や債券などに分散して投資、運用する金融商品です。

投資信託の収益は?

投資信託の運用で得られた収益は、出資した金額に応じて投資家に還元されます。
その収益とは2つあり、その投資信託の価格上昇や収益の分配金で投資家に還元されます。

販売会社 運用会社 受託会社

投資信託は「販売会社」と「運用会社」、そして「受託会社」から構成されます。
投資信託は、販売、運用、管理・保管をそれぞれ専門の機関が専門の業務を行い、より厳正で適正かつ効率的な運営を行っています。

投資信託と預貯金との違い

投資信託は当然ですが貯金とは異なりますが、、投資信託はプロに運用を任せるものであるがゆえに安心してしまって、リスクのある投資であるという認識を忘れてしまう方もいるようです。 まずは投資信託のしくみを理解しましょう。