投資信託 ガイド

投資 信託 ガイドは投資 信託 初心者のための入門 ガイドです。投資信託の運用のしくみ、選び方や比較、リスク、手数料、基準 価格、税金、信託報酬などについて説明します。不動産 投資 信託(リート)、ベトナム 投資 信託、インド 投資 信託、投資 信託 ピクテなど投資信託の種類や投資顧問、郵便局の投資信託について、毎月分配型 投資信託や手数料無料のノーロード投信とは、など投資信託に関する情報を随時解説していきます。資産 運用の手段として投資 信託を上手に活用しましょう。

« 2007年01月 | Top2007年03月 »

新着情報【2007年02月】

投資先として最近注目を集めているの投資信託(ファンド)の一つに「BRICsファンド」 (ブリックス)があります。 BRICsファンドとは、ブラジル、ロシア、インド、中国の証券取引所に上場している株式などに投資するファンドです。これらの国の頭文字をとりBRICs ブリックスと呼ばれています。

郵便局の投資信託を考えていきます。郵便局で投資信託を始める人が増えています。郵便局で投資信託を購入するメリットは?投資信託の価格は?など、郵便局の投資信託を解説・検証します。

投資信託を購入する場合、あやまった時点(高値)で自分の資産を1度に全部投資してしまうと、大きな損失を被るリスクを負うことになります。1度に投資するのではなく、時期を見てタイミングを計りながら投資するか、あるいは毎月一定額を投資し、時期を分散させることで、リスクを軽減することができます。

預貯金は元本が保証されているので安全であると思われていますが、預貯金にもインフレリスクや流動性リスクがあります。インフレリスクを回避するためには、安全性を重視する場合でも、預貯金系の商品をメインにしつつ、投資信託や外貨での運用を考えたいものです。