スポンサードリンク

Top >  投資信託のリスクの減らし方 >  時間の分散

時間の分散

投資信託を購入する場合、あやまった時点(高値)で自分の資産を1度に全部投資してしまうと、大きな損失を被るリスクを負うことになります。

1度に投資するのではなく、時期を見てタイミングを計りながら投資するか、あるいは毎月一定額を投資し、時期を分散させることで、リスクを軽減することができます。

この毎月一定額を買い続けていく投資法は「ドルコスト平均法」と呼ばれています。
ドルコスト平均法では、1つの投資信託に対して定期的に、同じ金額で買い付けます。

投資信託をを買う金額はいつでも一定ですから、証券の価格が低いときにはより多く購入できますし、価格が高いときには少ししか購入できないことになります。
結果として、平均買付コストを下げられるということになります。

高値で一度に買ってしまうリスクを避けるためや、投資を継続するための手助けになるという点ではメリットでしょう。
しかし、ドルコスト平均法の利用により、特定の商品への集中が進むことには注意が必要です。

そして、ドルコスト平均法が必ず有効であるということはなく、投資商品の価格が下落し続けている場合などには、損失が膨らむ可能性もあります。
何も考えずに毎月支払っていく、というのは利点ばかりではなく、メリットのみを説明するのは継続的な買い付けを投資家に促したい証券会社や銀行の都合であるかもしれません。

これ自体が、リターンを高めるような特別な手法ではないということを理解することが重要です。

確かに、定期的に一定の投資を長く続けるほど、より幅広い価格で購入することができるので、ドルコスト平均法は定期的に買いつけたいという長期の投資に向いている、ひとつの購入方法です。

ただし、ドルコスト平均法は利益を約束するものではありません。
自分はマーケットが下がっているときにも継続して投資できるのかどうかということもよく考える必要があります。

投資信託のリスクの減らし方

ローリスクに分類される投資信託、ハイリスクな投資信託、いずれにしてもリスクのあることには変わりありません。損失を許容できる資金で投資をするということは大前提になります。その上でリスクを抑えて利回りを確保できるように運用方法を学びましょう。

関連エントリー

長期保有 分散投資 時間の分散