投資信託 ガイド

投資 信託 ガイドは投資 信託 初心者のための入門 ガイドです。投資信託の運用のしくみ、選び方や比較、リスク、手数料、基準 価格、税金、信託報酬などについて説明します。不動産 投資 信託(リート)、ベトナム 投資 信託、インド 投資 信託、投資 信託 ピクテなど投資信託の種類や投資顧問、郵便局の投資信託について、毎月分配型 投資信託や手数料無料のノーロード投信とは、など投資信託に関する情報を随時解説していきます。資産 運用の手段として投資 信託を上手に活用しましょう。

« 2007年02月 | Top2007年04月 »

新着情報【2007年03月】

投資信託の目論見書(もくろみしょ)とは、投資信託の内容を説明した文書です。 目論見書には資判断の基準となる情報が多く記載してありますので、投資信託を始める場合は必ずチェックをしましょう。

投資信託は「販売会社」と「運用会社」、そして「受託会社」から構成されます。 投資信託は、販売、運用、管理・保管をそれぞれ専門の機関が専門の業務を行い、より厳正で適正かつ効率的な運営を行っています。

ETF(株価指数連動型上場投信)は株価指数連動型上場投資信託受益証券のことをいいます。上場という名前のとおり、証券取引所に上場されているので、株式と同じように市場で取引することができます。そして株価指数に連動することを目的とした投資信託ということになります。

投資信託 ガイド 投資 関連のリンク集です。投資信託、株式投資、外国為替証拠金取引(FX)など情報収集の参考になさってください。情報の活用はご自身の責任でお願いいたします。

投資信託におけるリスクのなかには流動性リスクというものもあり、流動性リスクとは、金融商品を換金しようとしたときに、すぐに売却できない、希望した価格で売れない、高い手数料が必要になる、不利な条件でしか換金できない、というリスクです。

投資信託は当然ですが貯金とは異なりますが、、投資信託はプロに運用を任せるものであるがゆえに安心してしまって、リスクのある投資であるという認識を忘れてしまう方もいるようです。 まずは投資信託のしくみを理解しましょう。

投資信託の銘柄(ファンドの種類)は様々な種類がありますので、目的に合わせた投資信託が選べます。

リート(REIT)は投資家から集めたお金を主に不動産への投資によって運用することを意味しています。 リート(REIT)とは、投資家が出資した資金で、賃貸テナントビルや賃貸マンションなどの不動産を購入し、その物件から得られる家賃収入や売却益などを投資家に分配金として投資家に還元する投資信託です。