スポンサードリンク

Top >  投資信託ガイド 投資信託とは >  販売会社 運用会社 受託会社

販売会社 運用会社 受託会社

投資信託は「販売会社」と「運用会社」、そして「受託会社」から構成されます。
投資信託は、販売、運用、管理・保管をそれぞれ専門の機関が専門の業務を行い、より厳正で適正かつ効率的な運営を行っています。

この販売会社とは、投資信託を販売しているところで、証券会社や銀行、郵便局などが販売会社になります。

運用会社(投資信託委託会社)とは、投資信託会社のことで、投資信託商品を開発したり運用を行っているところで、ここでファンドマネージャーという投資のプロが資金を運用しています。

受託会社とは、信託銀行のことで、販売会社を通じて集まった投資家のお金を管理・保管し、ファンドマネージャーの運用指示で(信託契約)、国内外の証券市場(株式・債券・不動産投資信託など)に投資をしています。
 
投資家のお金を管理している信託銀行が万一破たんしたとしても、投資信託のお金は信託銀行独自のお金とは分別されて管理してありますので(分別管理)安心です。

投資信託ガイド 投資信託とは

投資信託とはどういうものでしょうか。運用・販売はどこで誰が行っているのでしょうか。投資信託ではどんな収益が得られるのでしょうか?株式や債券への直接投資や預貯金との違いは?などを解説します。

関連エントリー

投資信託 とは 投資信託の収益は? 販売会社 運用会社 受託会社 投資信託と預貯金との違い