スポンサードリンク

Top >  投資信託の種類 >  リート(不動産投信)

リート(不動産投信)

不動産投資信託はリート(REIT)と呼ばれます。
日本の不動産投資信託はJ-REIT(ジェイリート)です。

リート(REIT)は投資家から集めたお金を主に不動産への投資によって運用することを意味しています。
リート(REIT)とは、投資家が出資した資金で、賃貸テナントビルや賃貸マンションなどの不動産を購入し、その物件から得られる家賃収入や売却益などを投資家に分配金として投資家に還元する投資信託です。

東京証券取引所に上場しているので、市場で証券会社を通して売買が可能で株式と同様に価格の変動があります。

メリットは比較的安定した配当が期待できる(予想利回りとして2〜4%程度)ことと、1口数十万円程からと少額の資金で購入できることです。
不動産への直接の投資では多額の資金が必要ですが、J-REITの場合、複数の投資家から広く資金を集めて不動産を取得しますので、40〜50万円の資金で始められます。

不動産へ投資するということですから、メリットと同時に不動産特有のリスクもあります。

1. 家賃相場の下落や空室の増加で安定した家賃収入が入らないと配当に影響。
2.地震や自然災害などによる被害での価格の下落。
3. 不動産関係の法律の変更により、不動産そのものの価値への影響や、J−REITへの影響が発生する可能性がある。

以上のことを認識しておき、事前の調査はしっかりしておきましょう。

J-REITは歴史こそ浅いものの比較的安定した運用実績があるということで注目を集めています。
J-REITへの投資は、不動産関係の知識(特にリスク)を充分に認識した上で行うようにしましょう。
不動産価格は、株式や債券とは異なる値動きをするので、分散投資の手段の一つにもなります。

投資信託の種類

投資信託の分類は、販売範囲(公募投信・私募投信 など)、投資対象(株式投信・公社債投信 など)、購入できる期間(追加型・単位型 など)、設定された国(国内投信・外国投信 など)によって主に分類されます。私たちは投資方針やリスク許容度によって投資信託を選ばなければいけません。

関連エントリー

公社債投信と株式投信 追加型(オープン型)と単位型(スポット型) 分配型(毎月分配型)と再投資型 ETF(上場投資信託) リート(不動産投信) BRICs