スポンサードリンク

Top >  投資信託ガイド 投信のリスク >  為替変動リスク

為替変動リスク

投資信託の主なリスクのひとつに為替変動リスクがあります。

これは外国為替相場が変動することに伴うリスクを指します。
外貨建ての金融商品、外国の株式や債券などの場合、為替変動リスクは必ず負うことになります。

外国投信の中には円建てのものもありますが、中心は米ドル建てやユーロ建てで、基準価格も外貨で表示されるのが一般的です。

外貨を円に換金する際、投資した時点よりも円高(例:米ドル/円では1ドル120円→100円になることを円高といいます)になっていれば、リターンが大きく目減りすることがあります。

償還金や利息を外貨のままで受け取る場合には、この影響を無視することができますが、円で受け取る場合には損失が出ることになります。

投資信託では、あらかじめ為替変動リスクを回避するタイプ(ヘッジあり)と回避しないタイプ(ヘッジなし)があります。

外国の株式や債券に投資する際のほかのリスクにはカントリーリスク地政学リスクがありますが、次に詳しく説明します。

投資信託ガイド 投信のリスク

投資信託にもリスクがあります。投資信託のリスクは投資対象、投資比率、投資地域、運用方針などによって異なります。投資信託を購入する前には、自分が買おうとする投資信託にはどのようなリスクがあるのかをきちんと理解しておきましょう。

関連エントリー

投資信託はローリスク? 投資信託のリスクの種類 金利リスク 信用リスク 投資信託 価格変動リスク 為替変動リスク カントリーリスク 地政学リスク 流動性リスク インフレリスク