投資信託 ガイド

投資 信託 ガイドは投資 信託 初心者のための入門 ガイドです。投資信託の運用のしくみ、選び方や比較、リスク、手数料、基準 価格、税金、信託報酬などについて説明します。不動産 投資 信託(リート)、ベトナム 投資 信託、インド 投資 信託、投資 信託 ピクテなど投資信託の種類や投資顧問、郵便局の投資信託について、毎月分配型 投資信託や手数料無料のノーロード投信とは、など投資信託に関する情報を随時解説していきます。資産 運用の手段として投資 信託を上手に活用しましょう。

« 2007年04月 | Top2007年06月 »

新着情報【2007年05月】

投資信託は、購入できる期間での分類もできます。 募集方法の違いによって、追加型(オープン型)と単位型(ユニット型)に分けることができます。 追加型は投資信託の設定後はいつでも購入できるもので、単位型は一定の募集期間中しか購入できないものです。

投資信託は換金する際や償還する際にも税金がかかります。解約差益や償還差益は配当所得として課税され、源泉徴収されます。買取請求による換金で受益者に利益が出た場合、税法上は譲渡所得になります

投資信託には、分配金があるタイプと分配金がないタイプがあります。 収益分配方式による分類は次の通りです:毎月分配型 年複数回分配型(2〜6ヶ月に1回) 年1回分配型  無分配型(分配を出さずに再投資を行うことを基本とするもの)

投資信託の収益を追求すれば、その分リスクは高くなることはだけは忘れないようにしてください。 リスクとリターンは、ハイリターン・ハイリスク、ローリターン・ローリスクの関係にあるということをしっかり覚えておきましょう。

私たち一般投資家は投資信託を証券会社や銀行、郵便局などの店舗の窓口や電話、ネットで購入することができます。 そのなかには実際の店舗を持たないネット証券会社などもあります。

投資信託によって価格変動リスクが大きいもの、金利リスクが大きいもの、為替リスクが大きいもの、などとリスクの内容と度合いが違ってきます。リスクの種類や度合いによって異なる投資信託・金融商品に資産を配分する分散投資も重要になります。

投資信託は投資家に代わって投資信託委託会社のファンドマネジャーという投資のプロが運用を行います。資金運用を専門に行う運用会社が、投資家から集めた資金を一つのファンドにまとめて、国内外の株式や債券などに分散して投資、運用する金融商品です。

投資信託では分散投資が可能です。 投資信託は、1つにまとめた資金を株式や債券などに分散して投資するので、リスクの低減を図ることができます。

投資信託の販売といえばやはり証券会社がその代表格ですね。証券会社の多くは投資信託の種類が大変豊富です。

投資信託のリスクで主なものに金利リスクがあり、金利リスク(金利変動リスク)は世の中の金利が変動することに伴い、債券価格が変動するリスクを指します。金利が上昇すれば債券価格は下落し、金利が下落すれば債券価格は上昇します。

投資信託には価格変動リスクというものがあり、投資信託に組み入れられている株式や債券の価格が変動するリスクを指します。価格変動リスクは投資であれば常に負っていることになります。

投資信託は専門家が運用してくれます。一般の投資家に代わって投資信託委託会社のファンドマネジャーが運用を行います。ファンドマネージャーは投資の専門家であり、高度な専門的知識を持っています。