スポンサードリンク

Top >  投資信託ガイド 投信のリスク >  投資信託のリスクの種類

投資信託のリスクの種類

株式市場や債券市場など、市場に投資することによって生じるリスクを市場リスクといい、価格変動リスク金利リスク為替リスクなどがその代表とされています。
投資信託はそうした市場に投資をして運用するものですので、投資信託のリスクも上記のリスクに準じます。

その投資信託が何を投資対象としているか、国内株式を中心に運用しているのか、公社債を中心にしているのか、設定された国が国内であるか、外国の投信であるか、などによって、価格変動リスクが大きいもの、金利リスクが大きいもの、為替リスクが大きいもの、とリスクの種類も違ってきます。

運用の基本はリスクを抑えながら収益を確保することです。
リスクの種類や度合いによって異なる投資信託・金融商品に資産を配分する分散投資も重要になります。
投資信託のなかでも、リスクの異なる投資信託を組み合わせるのもひとつの手段です。

まずはどのような投資信託にどんなリスクが主にあるのかを理解しましょう。

投資信託ガイド 投信のリスク

投資信託にもリスクがあります。投資信託のリスクは投資対象、投資比率、投資地域、運用方針などによって異なります。投資信託を購入する前には、自分が買おうとする投資信託にはどのようなリスクがあるのかをきちんと理解しておきましょう。

関連エントリー

投資信託はローリスク? 投資信託のリスクの種類 金利リスク 信用リスク 投資信託 価格変動リスク 為替変動リスク カントリーリスク 地政学リスク 流動性リスク インフレリスク