スポンサードリンク

Top >  投資信託ガイド 投資信託とは >  投資信託 とは

投資信託 とは


投資信託は私たち一般の投資家に代わって投資信託委託会社のファンドマネジャーという投資のプロが運用を行います。
資金運用を専門に行う運用会社が、投資家から集めた資金を一つのファンドにまとめて、国内外の株式や債券などに分散して投資、運用する金融商品です。

ファンドマネージャーは高度な専門的知識を持っている投資の専門家であり、国内や海外の株式や不動産、債券といった投資対象や、売買タイミングなどを見極めながら株式や債券などに投資しています。

株式や債券などに直接投資するには、投資対象や売買タイミングを見極める専門的知識が必要となり、投資の初心者にはなかなか手が出せませんが、投資信託であれば、投資の専門家に任せることができるので比較的難しい知識などを必要とせずに投資が始められます。

投資家にとっては、株式や債券の個別銘柄の選択や売買のタイミングに悩むことなく、豊かな知識とノウハウを持つ専門家に運用を任せることができるので投資信託はますます人気が高まっているようです。

投資信託ガイド 投資信託とは

投資信託とはどういうものでしょうか。運用・販売はどこで誰が行っているのでしょうか。投資信託ではどんな収益が得られるのでしょうか?株式や債券への直接投資や預貯金との違いは?などを解説します。

関連エントリー

投資信託 とは 投資信託の収益は? 販売会社 運用会社 受託会社 投資信託と預貯金との違い