スポンサードリンク

Top >  投資信託の種類 >  分配型(毎月分配型)と再投資型

分配型(毎月分配型)と再投資型

投資信託には、分配金があるタイプと分配金がないタイプがあります。
収益分配方式による分類は次の通りです:

毎月分配型
年複数回分配型(2〜6ヶ月に1回)
年1回分配型
無分配型(分配を出さずに再投資を行うことを基本とするもの)

分配金が毎月受け取れる毎月分配型の投信は、毎月分配金を年金と同じような役割で利用している高齢者や、毎月分配金をお小遣いの一部にしたい、と考える人には人気のファンドとなってます。

しかしながら、信託報酬などの手数料が高めに設定されていることが多いようです。

さらに、利益を再投資する無分配に比べて運用効率が悪くなります。

また、毎月分配型は毎月高い分配金を受け取れると、受け取れる分配金をもとに投資を考えてしまいがちですが、客寄せの為に基準価額を削って高い分配金を出すようなファンドもあるそうですし、もちろん、元本割れするような可能性についても考慮しなければなりません。
運用成績が悪くても分配金を出すことになれば、投信の資産が減少して、その分だけ基準価格が下がることになります。

以上のことから、毎月分配型ではない方が運用効率の良い投資信託といえるでしょう。
とはいえ毎月分配型がご自分のニーズに合えば選んでみても良いのではないでしょうか。ご自身の生活環境や目的に合ったものを選んでください。

投資信託の種類

投資信託の分類は、販売範囲(公募投信・私募投信 など)、投資対象(株式投信・公社債投信 など)、購入できる期間(追加型・単位型 など)、設定された国(国内投信・外国投信 など)によって主に分類されます。私たちは投資方針やリスク許容度によって投資信託を選ばなければいけません。

関連エントリー

公社債投信と株式投信 追加型(オープン型)と単位型(スポット型) 分配型(毎月分配型)と再投資型 ETF(上場投資信託) リート(不動産投信) BRICs