スポンサードリンク

Top >  投資信託の購入 >  投資信託 証券会社での購入

投資信託 証券会社での購入

投資信託の販売といえばやはり証券会社がその代表格ですね。

株や投資信託を買うにはまず、口座を準備しないといけません。
口座は、買った株や投資信託を保管する場所ですので、それは証券会社だけでなく、銀行や郵便局であっても同じです。

ただ、投資信託が株と違って少々厄介なのは、金融機関によって取り扱う投資信託(ファンド)が異なることです。
たとえば、東京証券市場に上場している株であれば、口座さえあればどこの証券会社でも購入することができます。
ところが、投資信託の場合はファンドごとに販売会社が設定されているので、買える販売会社(証券会社・銀行・郵便局)と、買えない販売会社とがあるのです。

ファンドを求めて口座を開設していると、やたら口座ばかりが増えてしまい管理が大変になる可能性もあります。リスク分散には複数の口座を持つこともおすすめしますが、あまり増えても面倒です。

国内株式型や国際株式型、バランス型など、どこの金融機関もバランスよく販売していますから、特定のファンドを求めているのでなければ、すでに口座のある証券会社や銀行のファンドから探してみてもいいでしょう。

なかでも証券会社の多くは投資信託の種類が大変豊富です。

ネット証券を中心にノーロード投信(手数料無料の投信)も増えており、その他の手数料も銀行や店頭販売と比べても安い場合が多いので、ネット証券はパソコンの操作に慣れている人にはおすすめです。
ネット証券はインターネット取引専門の証券会社で、、投資信託だけを取扱う証券会社もあります。

種類の豊富さや利便性では証券会社が一番ですが、銀行や郵便局もまた、それぞれのメリットがありますので比較してみましょう。

投資信託の購入

関連エントリー

投資信託の購入 投資信託 証券会社での購入 投資信託 銀行での購入 投資信託 郵便局での購入