スポンサードリンク

Top >  投資信託ガイド 投信のメリット >  投資信託のメリット3

投資信託のメリット3

投資の専門知識は必要なし

3つ目のメリットは専門家が運用してくれるということです。
投資信託は私たち一般の投資家に代わって投資信託委託会社のファンドマネジャーが運用を行います。ファンドマネージャーは投資の専門家であり、高度な専門的知識を持っています。

このファンドマネージャーは、個人投資家にかわって、アナリスト(成長しそうな会社を調査分析する人)やエコノミスト(経済の景気動向などを分析する人)、そしてストラテジスト(グローバルな視点で投資戦略を決める人)などからの情報をもとに、その時々の最適な運用を選択し、投資対象や売買タイミングなどを見極めながら株式や債券などに投資しています。

通常、個人投資家が株式や債券などに直接投資するには、投資対象や売買タイミングを見極める専門的な知識が必要となりますが、投資信託であれば、投資の専門家に任せることができます。

投資に必要な知識や技術を身につけるのは難しく、片手間で身につけた中途半端な知識は失敗の元ともなりかねません。
投資信託では高度な専門知識をもつ投資のプロにある程度任せられるので、専門知識がなくても始められます。
もちろん、何もかもを任せきりで良いということではなく、その投資信託の内容をご自身でもよく理解することが大切です。

投資信託ガイド 投信のメリット

投資信託にはさまざまなメリットがあります。投資信託のメリットを活かして資産運用の一つの手段として考えていきましょう。

関連エントリー

投資信託のメリット1 投資信託のメリット2 投資信託のメリット3 投資信託のメリット4