投資信託 ガイド

投資 信託 ガイドは投資 信託 初心者のための入門 ガイドです。投資信託の運用のしくみ、選び方や比較、リスク、手数料、基準 価格、税金、信託報酬などについて説明します。不動産 投資 信託(リート)、ベトナム 投資 信託、インド 投資 信託、投資 信託 ピクテなど投資信託の種類や投資顧問、郵便局の投資信託について、毎月分配型 投資信託や手数料無料のノーロード投信とは、など投資信託に関する情報を随時解説していきます。資産 運用の手段として投資 信託を上手に活用しましょう。

« 2007年05月 | Top2007年07月 »

新着情報【2007年06月】

分散投資とは投資する金融商品を一つに決めず、より多くの金融資産に投資資金を振り分けることによってリスクを分散させることを意味します。ある1つの金融商品の投資がうまく行かなかった場合に起こるポートフォリオ全体に対する影響を小さく出来るのです。

投資信託にはさまざまな種類があるために私たちの目的に合わせた選び方ができます。この選び方は大切ですのでよくプランを練ったうえで投資信託を選びましょう。

投資信託は多数の投資家から資金を集めて運用するため、1万円という少額からでも手軽に始められます。

投資信託の投資対象や投資先の国などによってローリスク・ローリターン、ミドルリスク・ミドルリターン、ハイリスク・ハイリターンまでいろいろなタイプの投資信託があります。 投資信託のなかでも商品によってリスク・リターンの高いものや低いものがあり、私たちは自分の投資方針やリスクの許容度に合わせて投資信託を選んでいかなければなりません。

投資信託を購入するのに必要なコストは販売手数料です。販売手数料というのは投資信託を購入する際、証券会社や銀行、郵便局などの投資信託販売会社に支払うものです。

投資信託は基本は分配金・償還差益・解約益・売却益とも20%の源泉徴収されます。今は優遇措置があり、株式投資信託と公社債投資信託の2つで、それぞれ税制が異なります。税金は分配金を受け取るときと、買った投資信託を換金したときにかかります。換金のときは償還差益・解約益・売却益のにいずれかになります。

投資信託は株式投資信託と公社債投資信託の2つに分類され、それぞれ税制が異なります。追加型株式投信は分配金を受け取る際に税金がかかります。

公社債投信とは、株式を全く組み入れず、国債や地方債、社債などの公社債を中心に運用される投資信託です。株式投信とは株式の組み入れが可能な投資信託です。国内株式型や国際株式型、バランス型、インデックス型などがあります。