Top >  投資信託ガイド 投信のリスク

投資信託ガイド 投信のリスク

投資信託にもリスクがあります。投資信託のリスクは投資対象、投資比率、投資地域、運用方針などによって異なります。投資信託を購入する前には、自分が買おうとする投資信託にはどのようなリスクがあるのかをきちんと理解しておきましょう。

投資信託ガイド 投信のリスク一覧

投資信託ガイド

投資信託はローリスク?

投資信託の投資対象や投資先の国などによってローリスク・ローリターン、ミドルリスク・ミドルリターン、ハイリスク・ハイリターンまでいろいろなタイプの投資信託があります。
投資信託のなかでも商品によってリスク・リターンの高いものや低いものがあり、私たちは自分の投資方針やリスクの許容度に合わせて投資信託を選んでいかなければなりません。

投資信託のリスクの種類

投資信託によって価格変動リスクが大きいもの、金利リスクが大きいもの、為替リスクが大きいもの、などとリスクの内容と度合いが違ってきます。リスクの種類や度合いによって異なる投資信託・金融商品に資産を配分する分散投資も重要になります。

金利リスク 信用リスク

投資信託のリスクで主なものに金利リスクがあり、金利リスク(金利変動リスク)は世の中の金利が変動することに伴い、債券価格が変動するリスクを指します。金利が上昇すれば債券価格は下落し、金利が下落すれば債券価格は上昇します。

投資信託 価格変動リスク

投資信託には価格変動リスクというものがあり、投資信託に組み入れられている株式や債券の価格が変動するリスクを指します。価格変動リスクは投資であれば常に負っていることになります。

為替変動リスク

投資信託の主なリスクのひとつに為替変動リスクがあり、外国為替相場が変動することに伴うリスクを指します。外貨建ての金融商品、外国の株式や債券などの場合、為替変動リスクは必ず負うことになります。

カントリーリスク 地政学リスク

外国の株式や債券に投資する場合には、為替リスクの他に、カントリーリスクや地政学リスクにも注意が必要です。

流動性リスク

投資信託におけるリスクのなかには流動性リスクというものもあり、流動性リスクとは、金融商品を換金しようとしたときに、すぐに売却できない、希望した価格で売れない、高い手数料が必要になる、不利な条件でしか換金できない、というリスクです。

インフレリスク

預貯金は元本が保証されているので安全であると思われていますが、預貯金にもインフレリスクや流動性リスクがあります。インフレリスクを回避するためには、安全性を重視する場合でも、預貯金系の商品をメインにしつつ、投資信託や外貨での運用を考えたいものです。