Top >  投資信託のリスクの減らし方

投資信託のリスクの減らし方

ローリスクに分類される投資信託、ハイリスクな投資信託、いずれにしてもリスクのあることには変わりありません。損失を許容できる資金で投資をするということは大前提になります。その上でリスクを抑えて利回りを確保できるように運用方法を学びましょう。

投資信託のリスクの減らし方一覧

投資信託ガイド

長期保有

投資信託は長期保有することでリスクを減らすことができるといわれています。
確かに、投資信託は通常、投資家の長期保有を前提として運用されています。
投資信託の場合、一般に運用の専門家(ファンドマネージャー)が中長期のビジョンのもとに運用しており、長期では物価の上昇を上回る収益を投資家にもたらすことが期待できるのです。

分散投資

分散投資とは投資する金融商品を一つに決めず、より多くの金融資産に投資資金を振り分けることによってリスクを分散させることを意味します。ある1つの金融商品の投資がうまく行かなかった場合に起こるポートフォリオ全体に対する影響を小さく出来るのです。

時間の分散

投資信託を購入する場合、あやまった時点(高値)で自分の資産を1度に全部投資してしまうと、大きな損失を被るリスクを負うことになります。1度に投資するのではなく、時期を見てタイミングを計りながら投資するか、あるいは毎月一定額を投資し、時期を分散させることで、リスクを軽減することができます。